高齢者の方が後悔していることとは?

スポンサードリンク

人間は誰でも歳を取ります。

若い頃は無理してもできたことが、年齢を重ねる度に体力や頭の回転などが衰え、まるで自分ではないかのような現象に戸惑いながらも日々の生活を過ごしていくのです。

特に現代は少子高齢化社会といわれ、医療の発達もあり長生きをする高齢者が増えています。

その割合は今後どんどん増えていくとされ、今これを読んでいるあなたも高齢者になる時がくるのです。

不老不死の薬がない限り、誰でも平等に歳を取ります。

高齢者の後悔

「高齢者になってみて後悔していることは、なんですか?」

こんな質問を80代以上の高齢者にしてみると、約7割の人たちが「チャレンジしなかったこと」と答えると言われています。

挑戦してみて失敗したとか成功したとかそういったことではなく、行動しなかったことを後悔する人が多いのです。

もちろん時代によっても生きる背景は異なります。

今の高齢者は戦争を生き抜いてきた時代の人たちでもあり、バブルを経験するなど時代の荒波を乗り越えてきた人たちです。

それでいて人生をたくさん経験してきた先輩でもあるのです。

これからできることは?

私たちは常に過去という歴史から学び、同じような失敗を繰り返さないように考えながら前に進んでいきます。

高齢者にとって後悔することが「チャレンジしなかったこと」だとするのであれば、私たちができることはチャレンジして後悔の要因を少しでも減らすことだと思いませんか?

人生は何もしなくても時間が過ぎていきますが、何も努力せず変化を求めることもなく、ただ平凡な生き方をしてきた人は、おそらくチャレンジしてこなかった自分に後悔することになるでしょう。

それを高齢者になってから後悔しても取り返すこともできず後の祭りでしかないのです。

高齢者からそれを実現できたとしたら、逆にとてもパワフルな人ですよね。

高齢者の人たちが何を後悔しているのか?を知ることで自分の将来が見えてきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高齢者の方の調査結果も参考にしながら、同じような立場になった時、

自分は後悔していないかな?

今よりももっと幸せな人生になっているかな?

など考えるきっかけにもなりますよね。

誰だって後悔のない人生を望みますが、ただ忙しい毎日を過ごしているだけでは、大抵はおもったようにものごとは進まないものです。

人の命には限りがあります。

一度立ち止まり、あなたの人生について逆算して考えて行動することが大事です。

0

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。