過去を受け入れると未来が開く。偉人の名言から過去を受け入れるヒントを考えよう

スポンサードリンク

あなたはこれまで自分の過去について振り返って考えてみたことはありますか?

例えば、自分のコンプレックスの原因が過去にあったり、現在までトラウマになってしまったりと、過去に対してはマイナスイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか?

今回のテーマは「過去を受け入れる」です。

 

偉人の名言から過去を観察

①心理学者 アルフレッドアドラー
「自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである」

②アップル創設者 スティーブジョブス
「未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。」

③アメリカの国民的画家 グランマモーゼス
「人生における今日は、いつも過ごしてきた過去の集積」

 

私の場合

私自身も幼少期にはとても辛く悲しい経験から体調を崩してしまったことがありました。

当時はネガティブな気持ちでいっぱいで、マイナスなイメージでしか物事を捉えられなかったのですが、

あるきっかけで自分を見つめ直す機会に恵まれてからは、自分の過去を受け入れることが出来る様になり、

その時のことがあったから今の自分がいるし、家族や周りの人にも感謝できるようになりました。

ポジティブな捉え方・意味付けに変えることができると、過去の嫌だった経験が今の強みに変わり、
私の個性となって未来の目的へと繋がりました。

 まとめ

当然の話ですが、誰も過去に起こった事実を変えることはできません。

しかし、過去に対して現在の自分がどう捉えて意味付けをするかによって、過去を変え、現在に活かし、未来へと繋げることができます。

過去には現在、未来へと繋がる宝物が眠っていると思います。

最近、自分の過去について振り返っていなければ、一度立ち止まってみて色々な角度から過去を見つめ直してみてはどうでしょうか?

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。