転職するのは当たり前!だからこそ整理したい6つのメリット・デメリット

スポンサードリンク

現状に不満を感じるときや、仕事に物足りなさを感じるとき、「転職しようかな?」と考えることも少なくないと思います。

しかし、転職して後悔するかもしれないし、今の会社に残って後悔するかもしれません。

人生を左右する転職だからこそ、そのメリットとデメリットをしっかり考えておきましょう。

メリット

①給与・待遇の向上が期待できる

収入アップのために転職を考える人もいるでしょうし、休日出勤やサービス残業など労働環境の改善のために転職を考える人もいるでしょう。

改善したい課題が明確であれば、その課題を改善できる会社を探せばいいので、転職によって給与・待遇の向上が期待できるでしょう。

②やりたいことができる可能性がある

就職して仕事を始めてから「自分がやりたかった仕事と違うな」と疑問を抱くことも少なくありません。

こうした就職後に明確になった「自分のやりたいこと」をもとに、それができる会社を探し直すことで、今よりも自分のやりたいことに合った会社に転職できる可能性が高まるでしょう。

また、会社側も欲しい人材を明確に絞って採用することが多いため、うまくマッチすれば新しいステージでスキルを最大限に生かすことができるでしょう。

③新たな自分の可能性を見つけることができる

良くも悪くも同じ会社に長年勤めていると、会社内での自分自身に対するイメージが固まってきてしまいます。

得意な業務、苦手な業務も把握され、任される業務も偏りがちになります。

転職することで気持ちもリセットされ、今まで気づかなかった自分の可能性を見つけることができるかもしれません。

デメリット

①退職金や福利厚生の待遇が悪くなる

退職金や福利厚生は勤続年数と比例していることが多く、転職によって勤続年数がリセットされることによって待遇が悪くなる可能性があります。

ただし、最近は「前払い退職金」や「確定拠出年金」などの退職金制度を導入している企業も多く、退職金に関するデメリットは少ない可能性もあります。

②現状の不満や問題が解決しない可能性がある

現状の不満や問題が転職によってすべて解決するとは限りません。

求人内容と現状が異なることもあるでしょうし、人間関係や労働環境は実際に働いてみないとわかりません。

場合によっては「前の会社の方がよかった」と後悔する結果になる可能性もあります。

過度な期待をせず、冷静に判断した方がいいでしょう。

③社会的信用が下がる

クレジットカードや住宅ローンなどで不利に働くことが多くあります。

また、転職理由や転職回数、在職期間によっては、「仕事が長続きしない」「またすぐに辞めるのではないか」など印象が悪くなる可能性もあります。

 

まとめ

転職をしたからと言って嫌な仕事を全くしなくなるわけでもないですし、次の職場であなたが苦手な社員や関係者もきっと出てくるでしょう。

そのため、転職を検討する場合には目の前の現状が嫌だからという理由だけではなく、5年~10年後にあなたがどうなっていたいかを考えて、そこから逆算して考えることをオススメします。

最大のポイントは、自分の人生なので自分で考えて自分が納得する答えを出すことだと思います。

今の会社に残ることも選択肢のひとつに入れつつ、心の声に素直になって決断すれば、きっとうまくいくでしょう。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。