何のために生まれてきたのか考えてみる

スポンサードリンク

あなたにとって自分がどんな存在か、何のために生まれてきたのかと聞かれたらなんて答えますか?

そんな哲学的なことを多くの人たちは考える事なく、日々の生活をしているのではないでしょうか。

この世の中に生を受けて生まれてきたのに、その目的を考えることなく知ることなく寿命を終える人の方が多いでしょう。

人がこの世に生まれてくる理由として、より多くの経験を通し成長したいと思えることなのではないでしょうか。

例えばあなたが求めることがなんでも叶ってしまう環境があるとしましょう。

仕事も私生活もあなたが望めばすべて手に入ってしまうとしたら、毎日の人生が楽しくないものになってしまうと思いませんか?

人生80年といわれますが、80年の間退屈な世界でずっと生き続けなくてはいけないのです。

しまいには、手に入れるものに対して喜びや感動といった人間として大切な感情が欠如してしまうはずです。

人間の人生はあえて不幸や苦労をすることによって、より幸せだと実感できるようにできています。

嫌なことが続き、「もう嫌だ」と落胆した後に少しでも幸せに思えることがあるだけで、自分の人生が幸せなものに感じることもあるでしょう。

苦労があるから幸せを実感できる、実はこの二つは正反対なもののように見えて、両隣にいるそのものでもあるのです。

人間にとって何の為に生まれてきたのか?といった考え方は、どう生きたいのか?という問いにもつながってくると思います。

生まれてきた意味を考える時、大抵は何か壁にぶち当たっていたり自分の人生で悩んでいることがあるはずです。

生まれてきた理由は、毎日の人生を大切にしつつ、自分の気持ちに対して正直になり日々努力することができれば自然と見えてくるのではないでしょうか。

難しく考えるよりも感覚的な要素が強いのではないかなと感じます。

生まれてきた意味が自分では見いだせなくても、例えばまわりの人たちがあなたを大切にして必要としてくれるだけでも幸せなことだと思いませんか?

難しい質問のように見えて実はその答えはすぐ目の前に見えているものなのです。

それに気付けるのか・気付けないのかの違いだけだったりします。

ただただ、幸せを追い求める前に一度立ち止まって考えてみましょう。

これからの人生どの様に生きていきたいのか、答えはあなたの中にあります。

あなたが受け継いだバトンはどのようなものでしょうか?

あなたが渡すバトンはどのようなものでしょうか?

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。